中学生の苦手を克服する個別指導塾

中学生になると勉強も本格的になり難しいことも出てきますので、課目によっては苦手意識を持つようになります。苦手な部分をそのままにすると、その先の単元でさらに分からなくなって本格的に躓いてしまいますので、早めに手を打たなければなりません。そのために活用したいのが個別指導塾であり、よくある集団塾とは内容的にも指導の方法に関しても一線を画します。マンツーマンがもっとも手厚い指導を受けられるタイプですが、一対二や一対三でも内容の濃い授業を受けられますので、苦手意識を克服したい中学生に役立つはずです。

個別指導塾ではどのように苦手科目に対処するのかというと、利用する中学生の情報をしっかりと聞き取り、客観的な判断材料とするためにテスト等を行って現状把握に努めます。その結果を見ながら詳細なカリキュラムを作り、それにそって指導を行うことで苦手科目を克服するという流れです。もちろん簡単ではありませんが、問題になっている部分が分かれば対処ができますし、昔の単元までさかのぼることでしっかりとした実力が身に付きます。かなり前の単元まで戻って教えてもらえるのが個別指導塾の良さです。

集団塾では習うところがあらかじめ決められていて、皆がそのスケジュールに合わせなければなりませんので、過去の部分で躓くと取り返しがつきません。しかし、個別指導塾なら遡って理解するまで教えてくれるため、取りこぼしがないように入念な対策ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です