中学生の個別指導塾は講師のレベルを確認しよう

中学生に合ったカリキュラムで、繰り返し勉強を行い、苦手を克服に導く者が個別指導塾です。通塾の日程に関しても、曜日や時間帯等柔軟な対応をしてくれるのが特徴の個別指導塾ですが、実は注意しなければならないこともあります。その1つに挙げられることが、担当講師のレベルにばらつきがある点です。個別指導塾の講師は、多くが大学生のアルバイトと言えるでしょう。

このようなことから、担当の講師によりレベルには大きなばらつきが見られ、場合によっては講師と中学生が合わないということも出てきます。それぞれの個別指導塾においては、採用の際には厳選の試験を行い、面接で確認していますが、それでも講師にはそれぞれ得意不得意、向き不向きな教科や学年があるのが事実です。中学生には中学生なりの教え方があるのが実情であり、生徒の個性を見抜いた上で、生徒のレベルや性格に合った指導を欠かすことができません。いくら教えるのが上手な講師であったとしても、中学生との相性が良くなければ全く意味を持たないのです。

アットホームな雰囲気でコミュニケーションをうまくとりながら指導する方が向いている子供に対して、あまりしゃべらないおとなしい講師では、本来のやる気も削がれてしまうことでしょう。講師のレベルにより、勉強の効果は大きく変わってくる事はよくあるケースです。すべてにおいて完璧な講師はなかなかいませんが、子供の現在の勉強に欠かすことができない講師が指導をしているかどうかについては、しっかりと親として目を光らせることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です