中学生向けの個別指導塾の利点について

都市部では中学生向けの個別指導塾が盛んになっています。従来の塾と比べて一対一の関係ですから、教える方も教わる方も遠慮なしに言い合えるからいいのです。先生の方は、生徒のやり方や考え方、ウイークポイントなどを把握していきながら生徒に合った指導や教え方をしていきます。生徒にとっては、自分の能力にあったやり方で教わっていますからスムーズに勉強が捗っていくのです。

中学生はハイレベルな高校受験を希望する方が、この個別指導塾に入ります。先生にとってはそれだけの能力を必要とされます。ただし個別指導塾は一般の塾からすると割高になっていますが、子どもが志望校に合格することを願って出費することに抵抗を感じないものです。先生にとってもっとも能力を必要とされるのは、教えることへの技術よりも、生徒がやる気をだしてくれるかです。

生徒がいくら能力があったとしてもやる気がなければ絵に描いた餅です。つまり生徒のモチベーションアップいかにするかです。モチベーションアップがうまくいってくれれば成績はぐんぐん伸びていきます。中学生という時期は感情的に敏感ですから、教え方に少しでも不満があればやる気を無くすどころか、塾自体をやめることもありえます。

ですから先生に綜合的な能力が必要なわけです。家でも子どもさんのモチベーションアップについてじっくり夫婦で話し合うことがいいかもしれませ。子どもの将来のことを見計らって頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です