中学生向けの個別指導塾とは

中学生になると高校入試を意識し始めます。特に都市部では有名私立や難度の高い高校を目指すために、いろいろな塾があります。最近は通信によるものが横行していますが、やはり対人でのはりとりが上手くいくようです。お金をかければ個別指導塾というものがあります。

これは一対一での先生と生徒のやり方です。一対一ですから生徒は遠慮なすに先生は質問ができて、先生の方はその生徒に見合った勉強方法を教えていきます。個別指導塾は生徒が塾に出向いたり、先生が自宅に来たりで、やり方が違います。ハイレベルな高校を目指す生徒さんが圧倒的に多く、都市部では人気があります。

地方では従来の大勢でやるやり方ですが、少しずつですが個別指導塾が増えてきています。中学生は精神的にも未発達ですから、わずかな説明や教え方で成績が変わることがあります。生徒の気持ちを察するような先生が相応しいのです。いかにして中学生の気持ちに打ち解けるかにかかっていますから、教える能力プラス生徒の心理の理解力といったものを試されます。

このことは案外難しいので、個別指導塾の先生になるにはかなりの力量を必要とするでしょう。生徒成績が上がれば報酬が余計に出るところもあります。会社によるグループであったり、個人であったりするのも個別指導塾の特徴であります。宣伝はしませんから、塾の評判があがれば口コミで広がるでしょうから、まさに競争社会の中に位置している塾でもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です