中学生の個別指導塾選びでは体験授業がとても大事

中学生が個別指導塾に通うことに決めたら、いきなり契約するのではなくて、まずはいくつかの塾で体験授業を受けてみることが大切です。これは個別指導塾選びで失敗しないための重要なステップであり、面倒に感じて体験授業を受けずに決めてしまうと、想像していたものとは違っていたと感じることが出てきて後悔します。後悔しても、既に入塾時にかかる初期費用等を支払った後では、そう簡単には他に移ることもできませんので、身動きが取れない状態に陥ります。参加すると分かりますが、中学生の個別指導塾では指導内容を学校の授業に合わせていることも多く、内容的には簡単なものから難しいものまで様々です。

受ける中学生によって難易度の差が出るのですが、これは元々の成績レベルに加えて、どの程度の高校を受験したいのかという目的に合わせて決定されます。高いレベルを求めているのなら、必然的に指導される内容も難しいものになり、それについていくために課題もこなさなければなりません。自分の実力よりも上のレベルを目指す場合にはカリキュラムも厳しくなって大変ではありますが、用意されたスケジュールでこなしていけば合格も見えてきます。現地に足を運んでみると、パンフレットやインターネットの情報からでは分からなかった実際の雰囲気を実感できます。

雰囲気にも合う所と合わない所がありますので体験して問題がないことを確かめておくのは大事です。中学生が一人でチェックするのは大変ですから、入塾前の確認は保護者も一緒に行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です